デジタルインプレッションの正しい採得方法

  • デジタル印象を正しく採得する方法


デジタル化されたワークフローで正しく作業するためには、歯科医師は通常の手順を少し変更する必要があります。

デジタルプロセスのメリットを100%享受し、歯科技工所に正しく情報を伝えるために、歯科医師は自分の方法を少し変える必要があります。



最初に、患者の歯肉を出来るだけ圧排させて下さい。これを正しく行うには様々な方法があります。一つは特定の糸を使用してマージンを明らかにすることです。マージンラインを露出させることは、スキャナーの光が当たって正しく採得するために非常に重要です。

 

2つ目は、明確にマークされたマージンラインを持つ歯を準備することです。

 

複数の歯科医師の話では、彼らは、一度外したときにマージンを露出させるのに有用なプロビジョナル・クラウンを作成する方法を採用しています。


一般的には、マージンリングを最大限きれいに見せるために、歯科医師の従来の方法を少し変えることをご提案しています。



従来の印象採得方法では、アルジネート印象材の圧力でマージンラインが少し外れます。歯科医師が「アナログな方法」で印象材の入ったトレーを挿入し、トレーを患者の口腔内に押し込むと、手の圧力とアルジネートの圧力で歯肉が少し引っ込んでしまいます。

上記を踏まえ、口腔内スキャナーでは印象採得の方法を少し変える必要があります。

 

最後に、歯科技工士は、デジタル印象を受けたときに、ご自身の経験を生かして、どこにマージンラインを設定すればよいかを知っておく必要があります。

 

ちなみに、印象の約9割は歯科医師が担当しており、歯科医師はデジタル印象の正しい採り方を知っておく必要があります。














この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。