キャスト用DC11マテリアルの鋳造・埋没

推奨の埋没モールド

 

  • 100gの鋳造リング=0.75g以下のパターン
  • 200gの鋳造リング=2g以下のパターン
  • パターンの上には、5〜6mmの埋没材をかぶせます。
  • ワックスアップと鋳造リング壁面の距離は7〜9mm
  • パターン間の距離は5〜9mm
  • パターンに穴が発生するのを防ぐため、すべてのパターンはサーマルゾーン (thermal zone, 温度帯) の外に置いてください。(写真1を参照)



Picture 1 正しいパターン配置

埋没の手順

 

  • 埋没材は冷蔵庫で保管してください。
  • 膨張液:水:粉末の比率は、使用材料によって異なります。
  • 各材料の指示に従うことをお勧めします(例:表1)。


 

膨張液:水

粉末 : 混合液

指示内容

標準温度

4:1

100g:24ml

 

低温(15℃未満)

9:1

使用前に混合液を35℃に加熱する

高温(25℃超過)

3:2

使用前に冷蔵庫で2時間放置する

表1 3Dプリント用投資材料の推奨比率の目安



  • 湿潤剤は、パターンを完全に覆うように塗布することで、気泡の巻き込みを抑えることができます。
  • 湿潤剤は完全に乾燥させてから投入してください。



  • 埋没材を真空攪拌し、空気とアンモニアを除去してください。これにより均一な膨張を促し、気泡のない緻密な埋没が可能になります。
  •  温めたリングを温かい状態のファーネスに挿入します。リングを完全に冷やさないでください。



焼却方法

 

  • プリントされたパターンの外側の表面に、ごく薄い層のワックスを塗ることをお勧めします。ワックスのベニヤは、埋没にかかる力を分散させるのに役立ちます。これは、リングの割れを防ぐのに有効であることが証明されています。
  • 小さいリングでは950℃のファーネスに入れて30分、大きい方は40分加熱する。 
  • リングをファーネスに入れ、ファーネスの扉を閉める前、小さいリングは10分程度、大きいリングは15分程度扉を少しだけ開けておきます。排ガスはファーネスから出て、リングに熱が浸っている状態を維持する。
  • プラスチックはゆっくりと加熱し、圧力をかけずに溶融して型から流出させるために、燃焼ファーネスに長く留める必要があります。
  • リングを斜めにすることで、より多くの酸素を取り入れることができ、燃焼効率を高めることができます。(写真2を参照)


写真2 ファーネス内での配置例


鋳造方法

 

鋳造やプレスに最適な材料の量を把握するには、次の式を使ってください。

 

 

 

  • SHINING 3D社Castマテリアル(DC11)の密度は25℃で約1.122g/㎤です。

 

 

 

 

  • 鋳造の手順はこの動画を参照してください。

 

https://www.youtube.com/watch?v=ty0kWrppj04

 

 

リング割り出しの手順

鋳造直後の鋳造リングを急冷しないでください。

  • 鋳造体と埋没材は室温まで冷却してください。
  • 鋳造体と埋没材の冷却収縮が不均一になると、鋳造体に引張力がかかり変形の原因になります。

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。